金利

借金をするときのデメリットにひとつ、金利というものがあります。
金利とは借りたお金に対する利息です。
貸した側も貸すメリットがないと貸さないわけです。
借金を踏み倒されるリスクもあるわけですから。
だから貸すことによって利益を得たいわけです。
それが金利です。
金利は大体年に何%かで言われますから、年利とも言われます。

 

逆に銀行に預ける預金や郵便局のゆうちょに預ける貯金は、それぞれの金融機関が私たちの預貯金を借りて運用して利益を上げているわけですから、私たちは貸してる立場です。
ですので、私たちは預貯金に対して利息を受け取るわけです。
貸してあげる分の手間賃の様なものです。
ちなみに、銀行に預けるのが預金で、郵便局に預けるのが貯金です。
郵便貯金というでしょ?

 

実際の利息がどれくらいなのか見ていきましょう。
カードローンの年利で大体10%前後です。
18%が法律で定められた限界の金利です。
クレジットカードの年利はカードローンよりも少し高いです。
これもやはり限界は18%です。
クレジットカードの中で利率が高いのはリボ払いの年利です。
リボ払いは、1回払い、3回払いとかではなく、支払残高に寄らず、毎月いくらだけ支払うという方式の事です。
毎月1万円や5000円と、自分で設定できます。
今はネットの時代ですから、ホームページから簡単にリボ払いの支払額が変更できます。

 


リボ払いの年利

このリボ払いの金利がくせものです。
世の中便利なだけのものとはないものですね。
毎月同じ金額を払い続けるという便利な機能なだけに、その分デメリットもあるのです。
それが、年利が大きい事です。
通常のクレジットカードの支払の年利より大きいです。

 

私はこの年利を考えずにリボ払いで支払っていた事がありました。
支払残高が25万円以上あるのに、月々の支払いが5000円という少額だったため、毎月新しく使った支払残高の方が大きくて、減るどころかどんどん増えていく状況になっていたのです。
さすがになと思って、1万円に増やしました。

 

そしてしばらくその金額で支払っていたのですが、ある時明細を詳しく見てみたのです。
するとその利息にびっくりしました。
1万円の支払いに対して利息が3000円越え・・・。
毎月の支払いに対して30%も上乗せして払っていたのです!
正確には、元本の25万円以上に対しての年利で計算し、それを付きで割ると3000円以上になるということなのです。
月々利息で3000円以上ということは、年約4万円です。
支払残高25万円以上ですから、ざっと計算すると、年利16%くらいになります。
これは、カードローンやクレジットカードのキャッシングの最上級に匹敵する年利です。
恐ろしやリボ払い・・・。

 

私はこれに驚いて結局はリボ払いの毎月の支払額を2万円まで増やしました。
実際はここに利息やリボ払いに出来ない支払い分などが乗っかりますから、2万5千円くらいの支払いになりました。
これくらいの支払額が限界と言ったところでしょう。
私の様にお金にルーズな人も、年利には気を付けるようにしましょう。

 


関連ページ

精神的なデメリット、返済ストレス
借金をした時に感じる精神的ストレスについて解説します。
自転車操業、歯車を逆回転
借金をした時によく起こる、「自転車操業」のスパイラルについて解説します。
就職への影響など
借金をすると就職に影響があるのか、その他のデメリットがあるのか。
ブラックリスト
借金によるブラックリストっていうのはあるの?