精神的なデメリット

借金は利息を払い続けるという物理的デメリット以外にも、精神的なデメリットというものがあります。

常に借金をしているという精神的プレッシャーです。
お金を返さなきゃというプレッシャーです。
金額2〜30万で、毎月2万円くらい返済していくプランくらいでも、月に何回か思い出します。
まだ残ってるなあ、早く返せないかなあと。
軽いストレスになっています。
あっけらかんとした性格ならいいですが、精神的に弱い性格だと、それくらいの借金でも気に病んでしまうものです。

 

2~30万の借金なんて、クレジットカードの支払残高でそれくらいになることはざらにあります。
しかし、精神的に気に病みやすい人にとってはストレスになるかもしれません。
それは大きなデメリットになります。
借金をする前に、クレジットカードで大きな買い物をする前に、よく考えてみましょう。
何か月で返せるか、その間ストレスに感じないか、利息はいくらくらいになるか、その利息は気に病むほどの額ではないか。

返済ストレス

借金をするには、性格的な向き不向きがあります。

ストレスを感じやすい性格の人は、やめておいたほうがいいでしょう。
逆に、ストレスを感じないあっけらかんとした性格過ぎる人も考え物です。
私の様なルーズな性格の人です。
借金に借金を重ねてしまう可能性があるからです。
私の場合は幸い、カードローンなどの消費者金融には手を出さず、クレジットカードや銀行のキャッシュカードの機能のキャッシングでの引き出しや、クレジットカードでの買い物でしたから、精神的ストレスはそんなにありませんでした。
しかし、いつも頭の片隅に支払残高の事はあったとおもいます。

 

それに、幸いという言葉を使いましたが、キャッシングの方がおそらくカードローンよりも利率が高いでしょうから、今となってはカードローンの方が良かったのでしょう。
しかし、精神的にはカードローンの方が、返済のプレッシャーが強いように感じるので、私はクレジットカードと銀行のキャッシュカードのキャッシングで良かったかなと思っています。
それに、カードローンは審査を受けて、お金を借りるためのカードを発行してもらうために、よりはっきりと借金をしていると自覚できるからです。
そうなると、返済プレッシャーがストレスになります。

 

世の中にはダメ人間がいて、いろいろなところからお金を借りて、合計何百万にもなる人がいます。
キャイーンのウド鈴木さんがそれで、売れる前に多額の借金をして、それを事務所に肩代わりしてもらったそうです。
しかも2度も・・・。
カンニングの武山さんも何百万も借金をして、それを売れてから完済したようです。
だから借金の事にはとても詳しいです。
あまり自慢できる知識ではありませんが。
こういう人たちはおそらく、あっけらかんとした、精神的プレッシャーに強い人達でしょう。
プレッシャーに強いというか、そもそも何も考えてないと言ってもいいと思います。
こういう計算が出来ないタイプだなと思い当たる人は、せいぜいクレジットカードくらいにしておきましょう。

関連ページ

金利
借金をした時に起こるデメリット、主に金利について解説。
自転車操業、歯車を逆回転
借金をした時によく起こる、「自転車操業」のスパイラルについて解説します。
就職への影響など
借金をすると就職に影響があるのか、その他のデメリットがあるのか。
ブラックリスト
借金によるブラックリストっていうのはあるの?