ブラックリストはあるのか

よく言われることですが、返済が滞るとブラックリストに載って、次からは借りられなくなる、と・・・。

これは本当でしょうか。
結論から言うと本当です。
借金の返済が滞ると、ブラックリストに載って、次から借金が出来にくくなります。
正確には全くできなくなるわけではありません。
ケースバイケースです。

 

多額の借金の返済が長く滞ったり、自己破産をしたりすると借金を借りられなくなります。
しかし、それは額に寄ります。

自己破産をしてもクレジットカードは作る事ができます。
ですから、カードローンも会社の判断で発行されます。
その代り限度額が低く設定されたり、金利が高く設定されたりします。
多額の借金の返済が長く滞ったり、自己破産したという記録がなくなるわけではありません。

 

ではブラックリストとは実際にどういうものなのでしょうか。
消費者金融などの金融機関は、個人の借金の状況を把握するための機関とネットワークでつながっています。
金融機関はその期間の個人情報を閲覧することが出来ます。
今は個人情報保護法が制定されて、そんな情報を見たら違法だろと思うかもしれませんが、カードローンを作る際や、クレジットカードを作る際に、それらの個人情報を閲覧しますよという契約に了承するサインをしているはずです。
約款に書いてあるはずです。
ですから、その借金の状況の個人情報を金融機関が閲覧することは違法ではありません。

 

逆にそのような個人情報をまとめている期間がないと、各金融会社はその人に貸していいものかどうか、審査に迷ってしまいます。
ですから、金融機関が手を組んでそのような機関で情報を共有するようになっているのです。
ブラックリストに載るとはこの期間の個人情報に記録されるという事です。

 

ブラックリストは時効がある

では、一度ブラックリストに載ったら、どれくらいの機関で消してもらえるのでしょうか。

答えは、いつになっても消してもらえない、です。
情報機関の記録には個人の過去の借金情報がずらーっと書いてあります。
その記録は古いものから消していったりましません。
逆に言うと、消す理由がないのです。
古くなった情報は消していきましょう、ありますか?
みなさんが、その情報機関の職員であれば、金融機関の職員であれば、ある個人の過去の情報を消してほしいと思うでしょうか。
できるだけその個人の情報を知って、貸していいのか、金利はどれくらいがいいのか決める材料としたいはずでしょう。
ですから、その情報機関の個人情報から、過去の情報が消されることはありません。
ですから、ブラックリストに載ったら半永久的に消されることはありません。

 

では、ブラックリストに載ったら永遠に借金ができないのでしょうか。
それは各金融機関の判断に任せられているのです。
これくらい過去の出来事なら今は大丈夫だろう、であればこれくらいの額、これくらいの金利なら貸してもいいなという判断をします。
ちなみに、私は銀行のキャッシュカードのキャッシングの返済が何回か滞ったら、一方的に通達があって、契約を切られ、もう借りられなくなりました。
しかし他の金融機関では借りられましたよ。

関連ページ

金利
借金をした時に起こるデメリット、主に金利について解説。
精神的なデメリット、返済ストレス
借金をした時に感じる精神的ストレスについて解説します。
自転車操業、歯車を逆回転
借金をした時によく起こる、「自転車操業」のスパイラルについて解説します。
就職への影響など
借金をすると就職に影響があるのか、その他のデメリットがあるのか。